新特急なすの日和

周辺がTVCMのロケ地としても有名だった。今や信号場となり駅時代の面影は何一つない。(2015年2月28日、石勝線旧・東追分駅にて撮影)

アクセスカウンター

高校野球

第101回「夏の甲子園」決勝戦

履正社(大阪) 対 星稜(石川) どちらが勝っても、春夏通じて初優勝という一戦。 2回に星稜が幸先よく先制しましたが、その直後3回に井上選手の3ランホームランが飛び出し、一気に逆転。これは星稜の奥川投手の失投を見逃さない、素晴らしいバッティングでした…

第101回「夏の甲子園」準決勝

第1試合 履正社 対 明石商 7対1で履正社が夏の大会初めての決勝進出です。 「関西ダービー」とも言われそうな、同じ関西勢同士の学校の一戦。初回、履正社が明石商の中森投手を攻め、いきなり4点を先制。その裏、明石商の好打者・来田選手のソロホームランが…

第101回"夏の甲子園"開幕

今回は「休養日」が2日設定された(前回からでしたっけw)、第101回全国高校野球選手権大会。北海道からは、北北海道代表で旭大高、南北海道代表で北照が出場しています。それぞれ、旭大高は8月7日に好投手・奥川君擁する星稜(石川)と、北照は8月11日に中京学…

今日は北海道関連のスポーツニュースが立て続けに出てきている

headlines.yahoo.co.jp 海の向こうの大谷翔平が、日本人選手として17年ぶりの新人王を獲得しました。投票権のある会員30人のうち、25人から1位票を獲得し、新人王争いのライバルとされていた2人のヤンキース選手を差し置いての新人王獲得。この会員のうち、…

札幌大谷、秋季大会を制して初優勝

札幌大谷 9-6 札幌第一 於札幌市円山球場(札幌市中央区)台風の影響で1日順延になった、札幌勢同士の決勝戦は、札幌大谷が8回の猛攻で札幌第一を下し、初優勝を成し遂げました。序盤は札幌第一がコンスタントに得点を重ねていきます。札幌大谷も3回に4点を挙…