新特急なすの日和

周辺がTVCMのロケ地としても有名だった。今や信号場となり駅時代の面影は何一つない。(2015年2月28日、石勝線旧・東追分駅にて撮影)

アクセスカウンター

クライマックスシリーズファイナルステージ開幕

セパともに今夜から始まりました。セは広島(1位)対巨人(3位)、パは西武(1位)対ソフトバンク(2位)の対戦となっています。いずれも、1位チーム(広島・西武)にはアドバンテージとして既に1勝が付いています。さてそれぞれの結果は?

セ・リーグクライマックスシリーズ(クライマックス・セ)ファイナルステージ第1戦
広島(★★☆☆) 6-1 巨人(☆☆☆☆)
リーグ1位の広島打線がつながって、効果的に得点していきました。大瀬良の好投も光って、アドバンテージの1勝を加えて成績を2勝としました。巨人は「若き4番」岡本が未だCSにおいてノーヒット、さらにリリーフの上原も一発を食らって万事休す。ファーストステージ第2戦で、菅野がノーヒットノーランを達成した勢いそのままに…とはいきませんでした。

パ・リーグクライマックスシリーズ(クライマックス・パ)ファイナルステージ第1戦
西武(★☆☆☆) 4-10 ソフトバンク(★☆☆☆)
ソフトバンクが合計16安打の猛攻で10得点の大勝を挙げました。4回に5得点のビッグイニング、終盤にも得点を重ねて強さを見せつけました。西武は菊池雄星が大乱調。「ソフトバンクに勝ったあの1勝は”マグレの1勝”だった」と言われかねない乱れっぷりでした。中軸打者のHRを打っても及ばず。せっかくもらったアドバンテージを無駄にしてしまいました。

明日もリーグ1位の本拠地で行われる両リーグの試合。セは広島がこのまま王手をかけるか、パは西武がリーグ1位の意地を見せるか。目が離せません。