新特急なすの日和

周辺がTVCMのロケ地としても有名だった。今や信号場となり駅時代の面影は何一つない。(2015年2月28日、石勝線旧・東追分駅にて撮影)

アクセスカウンター

クライマックスシリーズファイナルステージ第2戦

自分なりのまとめ。

クライマックス・セ@マツダZOOMZOOMスタジアム(広島)
広島(★★★☆) 4-1 巨人(☆☆☆☆)
6回表、巨人・マギーが広島・ジョンソンの甘い球を見逃さずに均衡を破るタイムリーを放ちます。このまま巨人が抑えるかと思いきや、8回裏、2アウトから広島・新井の同点タイムリー。ようやく追いつき、その後ランナーを2人溜め、菊池の3ランで勝ち越し。代わった巨人・畠は田口の好投を水の泡にしてしまいました。最終回守護神・中崎が降臨し、無得点に抑えるもパリッとせず。ランナーが1・2塁まで溜まって広島ファンの方々は、さぞかしヒヤヒヤしたことでしょう。これで広島はアドバンテージを含め3勝とし、日本シリーズ進出に王手をかけました。逆に巨人は後がなくなりました。

クライマックス・パ@メットライフドーム(埼玉・所沢)
西武(★★☆☆) 13-5 ソフトバンク(★☆☆☆)
昨日のお返しとばかりに、合計11安打13得点の猛攻でリーグ首位の力を見せつけ返しました。栗山が3ランHRを含む6打点の大活躍。その他、浅村、源田、秋山のタイムリーで効果的に得点を重ねていきました。西武・多和田は序盤はソフトバンク打線に打ち込まれましたが、中盤以降は持ち直し、その後はリリーフ陣がしっかりと抑え、快勝でシリーズ2勝目の星を挙げました。