新特急なすの日和

周辺がTVCMのロケ地としても有名だった。今や信号場となり駅時代の面影は何一つない。(2015年2月28日、石勝線旧・東追分駅にて撮影)

アクセスカウンター

「鉄道今日はなんの日」あれこれ

本当はそれぞれの日に個別で載せる予定でしたが、すっかり忘れてしまって今に至りますw

9月29日【京王ライナー用新5000系デビュー】

f:id:newltdexp_nasno:20191006161510j:plain

京王八王子駅にて回送発車待ちの新5000系
2018年4月28日撮影

午前中くらいまでは、都営新宿線の運用にも入るという、新5000系が2017年のこの日デビューしました。京王初の座席指定席列車の「京王ライナー」用に開発され、運用に合わせクロス⇔ロングシートの転換ができるようになっています。また、各座席に電源コンセント、各車両にFree Wi-Fiと空気清浄機の「ナノイー」が設置されて、利便性と快適性の向上に一役買っています。「京王ライナー」運用時は、出発時及び各駅停車前に車内メロディが流れます。車内案内表示器はLCD、照明はLEDを採用し節電にも貢献。京王キャラクター「けい太くん」(モデルは"爆音"8000系)シリーズの「イケメン担当」として「しんごくん」という名前でキャラクター化されています。この日は他にも、1921年高尾登山電鉄の祖である高尾索道が設立された日などでもあります。

10月2日【エル特急命名の日】

f:id:newltdexp_nasno:20191006164108j:plain

785系L特急スーパーカムイ
2015年9月23日撮影

多本数、毎時同分発着の昼間の特急に「エル特急」と命名されたのが1972年のこの日。しかしながら、年々その数を減らし、JR北海道内では2017年3月のダイヤ改正で「エル特急」の呼称を廃止、最後まで残ったJR東海でも、2018年3月のダイヤ改正で呼称が廃止され、これにより「エル特急」という名前は過去のものとなりました。この日は他に、JR東日本のリゾトレ用ハイブリッド気動車・HB-E300系が2010年にデビューした日などでもあります。

10月6日【池上電気鉄道開業】

f:id:newltdexp_nasno:20191006165033j:plain

デハ3450形の旧東急標準ツートンカラーを纏う1000系1017F
2017年4月29日撮影

現在の東急池上線である、蒲田~池上間が1922年に開業しました。資金不足、有力支援者の会社の私物化など、様々な困難を乗り越えてきた経緯があり、蒲田~池上の短区間から徐々に延伸、いまでは蒲田~五反田間の約11キロを結ぶ、3両編成のワンマン各駅停車が走る路線です。

※以上「鉄道手帳2019年版」(創元社)のダイアリーページにある記述及びWikipediaの記述を参考にしました。