新特急なすの日和

周辺がTVCMのロケ地としても有名だった。今や信号場となり駅時代の面影は何一つない。(2015年2月28日、石勝線旧・東追分駅にて撮影)

アクセスカウンター

最近の写真より

日に日に寒さが強まる昨今、みなさんいかがお過ごしでしょうか。

10月19日の土曜日、岩見沢駅併設の有明交流プラザ2階センターホールで行われた「いわみざわ駅まる。鉄道EXPO」内の鉄道模型走行会に赴いてまいりました。同郷の友人・TJライナー氏もこのイベントに参加されていました。
f:id:newltdexp_nasno:20191104153543j:plain:w360
JR東日本のクルーズトレイン「四季島(しきしま)」。先頭が見切れてるわ、そこそこ速く走ってたのであまり四季島のイメージが湧きませんが、四季島なんですw
これを見た時に、あの苦い思い出が思い出されました。2017年5月1日、四季島の運行初日に私は本州へ旅行していて、ちょうど宇都宮線内を移動していたのですが、私がE231系車内でうつらうつらしている間に、宇都宮方面へ向かう四季島と途中ですれ違い。そんなこともつゆ知らず、私は古河駅で快速列車に乗り換え、大宮の鉄道博物館に行きました。その後、帰ってきて初めてその事実を知るということに…
f:id:newltdexp_nasno:20191104154527j:plain:w360
お次はJR西日本のクルーズトレイン「瑞風(みずかぜ)」。この列車の正式名称は「TWILIGHT EXPRESS 瑞風(トワイライトエクスプレスみずかぜ)」ですが、どうやら頭に付いている「TWILIGHT EXPRESS」はサブタイ扱いなんだそうな。そもそも西日本地区を走る列車なので、生で見ることはそうそうないので、こうして精巧に造られた模型でその姿を見るのもいいですね。
f:id:newltdexp_nasno:20191104155340j:plain:w360
「駅まる。そば」の入口。本来ならば、ここは観光協会の事務所で当然ながら関係者以外立入禁止なのですが、19・20日の両日はここが飲食スペースとして開放されました。
f:id:newltdexp_nasno:20191104155609j:plain:w360
こちらが「駅まる。そば」のかけそば。この大きさで500円は割高に聞こえますが、手打ちそばなので、技術料を含めたら恐らくこれ以上になってもおかしくないと思います。しっかりとした歯ごたえとツルっとした喉越し。麺の太さにバラつきはあるものの、手打ちなのでこれはご愛嬌。そんなこと気にしてたら、手打ちモノなんて食べられません。つゆもすっきりしたお味でとても美味しかったです。
f:id:newltdexp_nasno:20191104160234j:plain:w360
こちらは、先日ご紹介した岩見沢駅前に久々にオープンしたたこ焼き屋「たこすけ」の大玉ねぎだこ焼き10個。大玉たこ焼きは550円ですが、こちらは50円増しの600円(いずれも持ち帰り価格)。それでもリーズナブルな方だと私は思うのですが。ふわふわの食感はもちろんのこと、散らしてある小口ネギのシャキシャキ食感がアクセントになって、たまらずすぐにペロリと平らげちゃいました。今度行ったら、何食べようかな。