新特急なすの日和

周辺がTVCMのロケ地としても有名だった。今や信号場となり駅時代の面影は何一つない。(2015年2月28日、石勝線旧・東追分駅にて撮影)

アクセスカウンター

この曲にハマっています

www.youtube.com
ジョルジャ・スミス(Jorja Smith)のブルー・ライツ(Blue Lights)という曲です。
毎週日曜20時からJ-WAVEにて好評放送中の「Travelling Without Moving」にて紹介された曲です(4曲目)。哀愁漂う雰囲気と途中からのバックビートがあまりにもストリートで即ハマりでした。というか、それにジョルジャの美声も相まってさらに良いのでしょう。
最初は「とにかく逃げろ」という感じで捉えていましたが、調べてみると曲の内容は「なんもやましいことやってなきゃ警察さんからは逃げんほうがええよ」というような感じだそう。曲中には「run」というワードが幾度となく出てきます。普通に和訳すれば「走る」の意味ですが、別に「逃げる」という意味も持っているんですよね。そして、曲の終盤にはサイレンを模した音とDJプレイ。
動画はリリックス動画になっていますが、ほとんど筆記体で書かれているのでわからない方もおられると思います。そこであるサイトに歌詞があったので引用してみます(何かあったらご報告ください)。→和訳付きのサイトがあったのでそちらに差し替えます。(何かあったらご報告いただくのは変わりありません)

[Intro]
I wanna turn those blue lights into strobe lights
青い光をストロボライトに変えたいの
Not blue flashing lights, maybe fairy lights
青い点滅灯じゃなくて 豆電球かもしれない
Those blue lights into strobe lights
青い光をストロボライトに変えたいの
Maybe even fairy lights, not blue flashing lights
それは豆電球かもしれない 青い点滅灯じゃない
[Verse 1]
Don't you run when you hear the sirens coming
サイレンは聞こえてきても 逃げないで
When you hear the sirens coming
サイレンが聞えても
You better not run 'cause the sirens not coming for you
逃げないほうがいいわ だってサイレンはやってこないから
What have you done?
何かしたの?
You went to school that day
今日は学校に行ったよね
Was a bit late but it was a Monday
月曜日だったけど少し遅かったね
Kept after class for answering back
教師に口答えしたから居残りさせられた
You apologized, where's the harm in that
あなたは謝ったけど 一体何をしたの
[Chorus]
I wanna turn those blue lights
青い光を変えたいの
What have you done
あなたは何をしたの
Into strobe lights
ストロボライトに
There's no need to run
逃げる必要はない
Not blue flashing lights
青い点滅灯じゃない
If you've done nothing wrong
もし何も悪いことをしていないのなら
Maybe fairy lights
きっと豆電球
Blue lights should just pass you by
青い光は通り過ぎるわ
[Verse 2]
Gun crime into your right ear
銃犯罪があなたの右耳に
Drugs and violence into your left
薬物と暴力があなたに左耳に
Default white headphones flooding the auditory
デフォルトの白いヘッドホンが耳を塞いでくれる(←iPhoneを買ったときについてくる白いイヤホンのこと)
Subconscious waves you accept
あなたが受け入れる無意識の波
You're sitting on the 4 back home
あなたは家に帰るために座っている
"Where you at, G? Answer your phone!"
「あなたはどこにいるの Grime? 応えてよ!」
Pause the poison to answer his message
彼のメッセージに答えるために 有害な主張は止める
Your boy sounds rushed, fears for his adolescence
子供は生き急いでいて 思春期を恐れているのかもしれない
[Chorus]
I wanna turn those blue lights
青い光を変えたいの
What have you done
あなたは何をしたの
Into strobe lights
ストロボライトに
There's no need to run
逃げる必要はない
Not blue flashing lights
青い点滅灯じゃない
If you've done nothing wrong
もし何も悪いことをしていないのなら
Maybe fairy lights
きっと豆電球
Blue lights should just pass you by
青い光は通り過ぎるわ
[Verse 3]
Tall black shadow as you're getting off the bus
あなたがバスから降りると 黒く高い影
Shadow shows no emotion so what's even the fuss?
影は感情を持たない ねえ何の騒ぎ?
But the face of your boy casts a darker picture
でもあなたの子供の顔は 黒く塗られている
Of the red handed act, he's gonna whisper;
現行犯を演じて 彼は囁く
"Look blud I'm sorry 'cause I know you got my back
「友達を見て ごめんよ  あなたが支えていてくれたのは分かっていた
He was running, I couldn't think, I had to get out of that"
彼は逃げていた 考えられなかった そこから逃げ出すことを」
Not long ago you were miming to the "Shook Ones"
最近まであなたは臆病者を演じていた
Now this really is part two 'cause you're the shook one
でもあなたは本当に臆病者だったのね(←ここではMobb DeepのShook Ones Part 2に言及している)
Hands you the tool as you question your friendship
あなたが友人関係に疑問を抱いているときに 銃を手渡す
How's man like you gonna make me a convict?
あなたみたいな男がどうやって私を囚人にするの?
Level of a felon when I've done nothing wrong
私が何も悪いことをしていないときの 重罪のレベル
Blood on my hands but I don't know where it's from, oh
私の手には血が でもどこについたのか分からない
You got blood on your hands but you don't know where it's from
あなたの手には血が でもどこでついたのかは分からない
[Bridge]
You better run when you hear the sirens coming
サイレンの音が近付いてたら逃げたほうが良いわ
When you hear the sirens coming
サイレンの音が聞えたらね
Better run when you hear the sirens coming
サイレンの音が近付いてたら逃げたほうが良いわ
'Cause they will be coming for you
だってあなたに近づいてくるから
Run when you hear the sirens coming
サイレンの音が近付いてきたら逃げて
Better run when you hear the sirens coming
サイレンの音が近付いてたら逃げたほうが良いわ
When you hear the sirens coming
サイレンの音が聞えたらね
The blue lights are coming for you
青い光はあなたに向かっている
[Chorus]
I wanna turn those blue lights
青い光を変えたいの
What have you done
あなたは何をしたの
Into strobe lights
ストロボライトに
There's no need to run
逃げる必要はない
Not blue flashing lights
青い点滅灯じゃない
If you've done nothing wrong
もし何も悪いことをしていないのなら
Maybe fairy lights
きっと豆電球
Blue lights should just pass you by
青い光は通り過ぎるわ
[Outro: Jorja Smith & Dizzee Rascal]
"Blud, when you hear the sirens coming"
友人よ サイレンの音が聞えたら」
Don't you run when you hear the sirens coming
サイレンの音が聞えても逃げないで
"Blud, when you hear the sirens coming"
「友人よ サイレンの音が聞えたら」
Don't you run when you hear the sirens coming
サイレンの音が聞えても逃げないで
What have you d-d-d-done done
あなたは何をしたの
Don't you run[×2]
逃げないで[×2]
Don't you run when you hear the sirens coming
サイレンの音が聞えても逃げないで
~~~~~~~~~~
アンダーラインの単語・熟語
answering back : 口答え subconscious : 潜在意識 G = Grime/Rap : イギリスではグライムミュージックが治安を乱すということで規制されている poison : 有害な主張 adolescence : 思春期 red handed : 現行犯 blud : 友達 not long ago : 最近 miming : 物まね convict : 囚人 felon : 重罪

~~~~~~~~~~
【和訳】Jorja Smith – Blue Lightsより参照

ただ、彼女の歌い方もワードを崩して歌っているような箇所が多々あるので「本当にこう歌っているの?」と思うかもしれませんね。かくいう私もそうでしたが…(笑)
でも、それを差し引いても美しい名曲です。いつまでも歌い継がれていってほしい。