新特急なすの日和

周辺がTVCMのロケ地としても有名だった。今や信号場となり駅時代の面影は何一つない。(2015年2月28日、石勝線旧・東追分駅にて撮影)

アクセスカウンター

クライマックスシリーズファイナルステージ第3戦

野球が好きでない方はスルー推奨です。

クライマックス・セ@マツダZOOMZOOMスタジアム(広島)
広島(★★★★) 5-1 巨人(☆☆☆☆)
リーグ首位の実力をこれほどまでに見せつけるとは…
2回裏に野間のタイムリーで先制、安部のファーストゴロの間に3塁ランナーが還って2点目。その後もコンスタントに得点を重ねていきます。しかし6回表、マギーが上手いバッティングでタイムリーを放ち1点を返します。そして「若き4番」岡本にヒットを打たれたところで、広島先発の九里亜蓮に代わって、こちらも若きピッチャー・岡田を投入。岡田は阿部慎之助をわずか1球で打ち取り、ピンチを脱出します。広島は一岡(元巨人)、ジャクソンとつなぎ、8回表2アウトからは、育成出身で今シーズン大活躍のフランスアが登板し、最後は代打のゲレーロを空振り三振に切ってとり、広島がファイナルステージ完全勝利で日本シリーズへと駒を進めました。一方の巨人は、先制しても終盤に逆転される試合が続き、ほとんどいい所なく3連敗で敗退。同時に監督の高橋由伸氏は、今夜の試合をもって退任。「氏~ね市~ねクタ~バレ!きょじ~んぐん~♪」が似合う(!!?)この3試合でした。広島は、2年前ファイターズに激戦の末敗れた、あの時の「忘れ物」を取りにいけるのでしょうか。頑張ってほしいです。

クライマックス・パ@メットライフドーム(埼玉所沢)
西武(★★☆☆) 4-15 ソフトバンク(★★☆☆)
こちらはセと違い、打線爆発・大量得点の試合が続いていますが、今夜もそうでした。
3回表、ヒット・四球・送りバントでランナー2・3塁としたところで、上林が3ランHRを放ちいきなり3点を先制します。その後、中村晃のタイムリーでもう1点を加えて、この回4点を取ります。4回表、西武は先発の榎田を諦め、十亀に交代。その十亀、いきなり四球を与え、次のバッターの送りバントを失敗させるも、川島にタイムリーツーベースを打たれ早々と失点。さらに、次の上林にもタイムリーを打たれます。2アウト満塁としたところで、デスパイネに犠牲フライを打たれてさらに1点。この時点で7点差、早くも今日の勝利はないと諦めた西武ファンも多かったのではないでしょうか。5回表にはタイムリー3本とタイムリーエラーが出て、ソフトバンクは5得点のビッグイニング。4回・5回で十亀が打ち込まれ、この2イニングで試合を決定づけてしまいました。西武は山川・外崎のHRや栗山のタイムリーで得点しますが、6回と最終回にソフトバンクに得点され、最後はソフトバンクリリーフ陣に抑え込まれて敗戦。ソフトバンク・千賀に、メットライフドーム初勝利を献上した西武は対戦成績を2勝2敗とされ、追いつかれてしまいました。リーグ首位の意地は見せられるのか。埼玉県の山奥で行われる熱い戦いに目が離せません。